合掌

葬儀の種類

読経

一日に何人の人が亡くなっているのでしょうか。死因にも様々な原因がありますが、一日に3千人程の方が亡くなっているというデータがあります。3千人…多く感じますね、そういった命の灯火が消えているのだと考えると胸が切なくなります。さて、葬儀の形というのは様々な種類があります。現在多く利用されている家族葬も葬儀の種類の中の一種類です。葬儀は、一般的に宗教や規模によって様々です。宗教には、死生観や宗教観が深く関わっています。なので、宗教の種類によって行われる葬儀の形も様々なのです。また、葬儀というのは亡くなってしまった人の為に行われるものだと思っている人も多いかもしれません。が、実は残された人が亡くなった人の死をきちんと受け止めて、送り出してあげるために必要な大事な儀式だという目的もあるのです。一般的に宗教では、仏教、キリスト教、神道、無宗教などの種類に分類されています。そして、規模を表すものとして、家族葬や社葬、直葬や合同葬などの種類があります。一般葬で、規模で表すと大体50人から100人程度が参加するものだと考えられています。そして家族葬では、家族や親族のみで執り行われる葬儀のことを指しています。小さな斎場を借りて行われ、家族や親族、故人と親交があった友人などが参加します。一般葬や社葬などの大人数での葬儀というのは、費用がかかります。そういった費用を抑える意味でも利用される家族が増えています。