合掌

墓としての石

お焼香

墓石とは一体どういうものなのでしょうか。日本にこれが伝わってきたのは、平安時代の仏教伝来と同じ時期だとされています。仏教の伝来と共に石工の技術がもたらされ、それによって石を加工できるようになりました。お墓に使う場合でもさまざまな使われ方があり、その人の階級などによって五輪塔、宝塔、多宝塔、層塔などにわかれます。鎌倉時代から室町時代辺りでは禅宗がもたらされ、それによって戒名や位牌という文化も伝わり、現在のお墓の形や様式がある程度定められたようです。しかし、この頃はまだ階級的に上の人しか使っておらず、庶民が使うようになるのは江戸時代に入ってからでした。お墓に使われる石としては、花崗岩や大理石などが有名です。特に花崗岩は御影石と呼ばれて人気の高い石であり、墓石の材料としては比較的よく利用されています。

近年では墓石を使用しない埋葬方法も多く利用されています。現在利用者が増えているものとしては、海洋散骨と樹木葬があります。海洋散骨は遺骨を砕き、指定海域でまくといういうものです。遺骨の破壊は法律上禁止とされていますが、海洋散骨に関しては許可されています。樹木葬も海洋散骨と同じように自然に帰すものですが、散骨ではなく木や花の下に遺骨を埋めます。正確には遺骨を埋めた上に木や花を植えるというものです。これは植物を墓標代わりにしているものですが、遺骨は時間が経てば自然に帰るので、自然が好きな人には好まれます。散骨や樹木葬などの場合、永代供養の必要がないので代々のお墓がない場合などではよく利用されます。また、これからの負担を減らしたいという思いから、これらを選ぶ人もいるようですね。