お葬式

墓としての石

お焼香

日本人は火葬が主な埋葬方法であり、墓石の下にその遺骨を納めることで供養をしてきました。また、一般的な埋葬方法の場合、その供養の場としてはお墓があります。墓石の下に遺骨を埋める方法や納骨堂を使う方法などがあります。

Read More...

亡くなった後に

合掌

人は死ねばそれまで、とは言いますが、実際にはそういうわけではありません。その本人にとっては確かにそれで終わりなのかもしれませんが、残された人たちからすれば後にやらなければいけないことはいくつもあります。故人が生前に生活で使っていた物品を遺品整理として行う必要があります。また、遺品整理は業者に依頼することもできます。その他にやらなくてはいけないものが、葬儀でしょう。葬儀は故人を見送るためにとても大切なもので、特別な理由がなければ必ず行われるといってもいいものです。とはいえ、その様式は昔とは大きく変わってきているもので、その時代に適したものが行われるようになっています。葬儀もそうですが、そのあとの供養に関しても今と昔ではその様式が異なります。近年では墓石を用いることがないものもあります。あるいは墓石を他家と共同で使用する共同墓などもよく利用されているもので、供養の仕方も変わってきています。また、墓石を使用しない埋葬方法としては散骨や樹木葬などがあり、こういった自然を利用した埋葬というものが徐々にその数を増やしています。生前に自然に還りたいと願っていた人には自然葬が適しているといえます。またこれらの自然葬は永代供養の難しさや残された人に対する負担を軽減しようという思いから行われていることで、墓石が使われないようになっています。そして、葬儀も同じく家族だけや小規模で行われることが多く、葬儀にしろ埋葬にしろ、負担の少ない方法が好まれているようです。

最近の様式

空

昔の葬儀は親族や隣近所との協力で行う大規模なものが多かったのですが、現在の葬儀では家族葬や直葬などの小規模なものも多いです。また、費用も安くなるのが特徴的なのです。

Read More...

葬儀の種類

読経

人はいつか死が訪れるものです。亡くなってしまったひとのための葬儀は様々な種類のものがあります。家族内で行う家族葬や、務めていた会社で行う社葬と状況や要望に応じて様々な葬儀のカタチがありま。

Read More...